中国で検出されたいくつかのC1a1サンプルのタイプはまだ多様であり、早期の支系サンプル(M8+,CTS9336-)が発見された。

中国で検出されたいくつかのC1a1サンプルのタイプはまだ多様であり、ある種に集中していない。特に山東省では早期の支系サンプル(M8+,CTS9336-)が発見された。 

f:id:liaoning:20200614234339j:plain

C-M8* が2人 (本人と山東サンプル)

f:id:liaoning:20200614234505j:plain

f:id:liaoning:20200614234522j:plain

f:id:liaoning:20200614234539j:plain

CTS9936 5人

f:id:liaoning:20200614234938j:plain

CTS6678 4人

f:id:liaoning:20200614235032j:plain

Z7972 * 2人

f:id:liaoning:20200614235212j:plain

 

中国23魔方の統計データ中で、ハプログループC1a1の測定結果は13人であり、中国サンプルが7人。

中国23魔方の統計データ中で、C1a1の測定結果は13人である。

中国人サンプル7人。

 

f:id:liaoning:20200614233443j:plain

f:id:liaoning:20200614233509j:plain

日本人6人

f:id:liaoning:20200614233652j:plain

 

韓国KRGDBデータの1722人サンプルにC1a1-M8 サンプル8人が発見された。古いbranchサンプル3人。

韓国KRGDBデータの1722人サンプルにC1a1-M8 サンプル8人が発見された。古いbranchサンプル3人。

 

M8 のSNP:M105 マッチング 8人

M8 のSNP:P121 マッチング 8人

M8 のSNP:P122マッチング 5人

M8 下位群のC-Y125471(本人branch)マッチング0人(33個のSNP全て検証、何のマッチングもなし)

M8 下位群のC-CTS9336 マッチングが 5人

M8/C-CTS9336/ 下位群C-CTS6678  マッチング 4人

M8/C-CTS9336/ 下位群C-Z1356  マッチング 0人

M8/C-CTS9336/C-CTS6678 の下位群C-Z7972  マッチング 4人

M8/C-CTS9336/C-CTS6678/C-Z7972 の下位群C-Y170131  マッチング 0人

検証経緯

①、以下のwebページを開く、英語を選択し、Genome Browserを押します。

http://coda.nih.go.kr/coda/KRGDB/index.jsp

②、「chrY」を選択し、右側の「Gene Information」と「KRG Variants (1722 individuals: Merged All)」をチェックする。(他の項目チェックしない)

③、yfullよりSNPのposition(HG19)を取得し、入力し、submitをする。

例:M8のSNP M105のposition(HG19)が 21866491

④、検索結果がある場合、KRG Common SNVs のデータをdownloadする。

⑤、出力したレコードの項目をチェックする。

 

例:M105のレコードのRefAlleleが C の場合、OKです。 (M105のpositionがOKの範囲は C toT、以外の場合、NG)

レコードがOKだったら、AltAlleleの値を計算する。 0.00486618 × 1722(総人数) = 約8人

 

韓国のサンプル1722では8例のC1a1が認められ,割合0.46%と以前のSTR統計の割合0.5%が一致しており,韓国のC1a1は約0.5%の統計が現実に近いはずである。

f:id:liaoning:20200121112451p:image
f:id:liaoning:20200121112446p:image

WIKI上のC1a1-M8についての縄文由来の論証は厳密ではないと思う

私は、C1a1が縄文人のグループではないことを完全に否定しているわけではありません。ただ、wiki上の論証の仕方が正確ではないと考えています。

C1a1が縄文人のグループである理由について、学术的にどう思っているのか、実は私には分かりませんが、日本语のWIKIを见ましたが、WIKIの情报は正确ではないと思います。

実はこれらの観点から最初の出所は一篇の名前をDual origins of the Japanese: common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes(日本人の二重の起源は、狩猟—採取と農民のy染色体との共同基礎)、この単倍群を公式に説明した唯一の論文でもあるはずだ。しかし、これは2005年の文章で、在のところC1—M8の解読はそれほど正確ではないようだ。

現存系統の拡散開始は約12,000年前であり、縄文時代の開始とほぼ一致している。すなわちハプログループC1a1は日本に縄文文化をもたらした集団かもしれない。

f:id:liaoning:20190829025845j:plain

12,000年、約11,650年前のこれらの時間の数字をよく理解していなかった私は、与えられた論文のリンクに沿って、これらの時間の出典を見つけた。これは論文のタイトルと著者、時間などの情報です。

f:id:liaoning:20190829030028j:plain

共祖時間(TMRCA)は10 STRから算出される。

f:id:liaoning:20190829033452p:plainこれらのSTRのサンプルは以下の図から得られる。

f:id:liaoning:20190829033023p:plain

この表が本文を知った結果によると、によっては青森、静冈、徳岛、冲縄のC1a1-M8の算出した結果、計算用のSTRの値は问题ない、しかし、STRで時間を算出する方式は間違っていた。これらのSTRは、いずれもC1a1−M8の下のC−CTS9336の支系で、YfullのSNP計算による共祖期間は4800年だ。

isoggは日本のサンプルから日本のサンプルの共祖時間をおおよそ推定した。2つの主要な支系は1つが2500年で、1つが3200年である。

AMS法で測定して暦年代に補正した年代で示すと、草創期(約1万6,000 - 1万2,000年前)、早期(約1万2,000 - 7,000年前)、前期(約7,000 - 5,500年前)、中期(約5,500 - 4,500年前)、後期(約4,500 - 3,300年前)、晩期(約3,300 - 2,800年前)となる。

STRによる推定時間の偏差が大きいことや(4800年、12000年という数字は誤差が大きすぎる)、10個のSTRから正確なYMRCA時間が全く算出されていないことも検証された。つまり、STRから算出されたYMRCA時間によると、C1a1人は縄文人であり、これらの結論も正確ではない。

一方、ハプログループC1a1 -M8は南アジアや东南アジアに近いと言われていますが、STRの比较については、C1a1-M8のSTRの方がインドや东南アジアのC*に近いと考えられています。SNPが明確に分かれた今日、我々はC1a1−M8がヨーロッパのC1a2より近いことを知っている。

f:id:liaoning:20190829034648j:plain

2005年から2019年までの数年間、父系分子人類学が発達して普及し、DNAの検出手段と方法が発達したことから、当初STRが推定した結論は正確ではなく、正確ではなかったことがわかる。

私にとって、日本语で文章を书くのはまだ难しくて、一部の地方の表现はあまり正确でなくて、理解しにくくて、みんなに迷惑をかけました。

韓国のC-M8*サンプルは古い分岐?

FTDNAで検査したサンプルです。国の所はJapanに書いてありますが、実は韓国の慶尙南道の人です。私は韓国側にも確認しました。

f:id:liaoning:20180228134112j:imagef:id:liaoning:20180228134120j:image

   韓半島のM8は数は少ないが、断片的に発見されたサンプルでは古い分岐がある。韓国のある個人テスト者は、FTDNA:247213のSTRを比較した。非常に近く、このサンプルもP121−古い分岐だと判断した。

f:id:liaoning:20190818234437j:plain

韓国サンプルのSTRの比較結果

 

江蘇漢族C1a1−M8サンプル1例Strは、日本の静岡県のM8サンプルに最も近いものとなった。

http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0180921

日本の18−044−Shizuokaサンプル17Strとは1ステップ、23Strは2ステップ足りなかった。 日本の静岡に来た18−018−Shizuokaサンプル17Strとは2ステップ、23Strは5ステップ差だった。

f:id:liaoning:20190819095458p:image

f:id:liaoning:20190821113502j:image

Sample name Y loci
  DYS19 DYS389I DYS389II DYS390 DYS391 DYS392 DYS393 DYS437 DYS438 DYS439 DYS448 DYS456 DYS458 DYS635 YGATAH4 DYS385 DYS481 DYS533 DYS549 DYS570 DYS576 DYS643
Xuzhou038 13 13 30 24 10 11 14 14 10 14 18 16 20 21 12 13,15 26 12 11 19 19 11